後ろ髪を引かれたまま退職してしまったこと

現在も高齢者の介護施設に勤めていますが、その前は訪問介護の嘱託職員として勤務していました。
介護の仕事はそこが実は二箇所目で、最初の職場がかなりブラックな会社だったため理想を打ち砕かれた後でしたので、
恐る恐る就職したのですが、一緒に働く仲間にも恵まれ、数年間気持ち良く勤務することができました。

ところが、当時住んでいた借家が老朽化したことから、家族内でそろそろ家を購入しようという話になり、
探し始めた矢先に気に行った中古住宅が見つかったため、トントンと引越し先が決まったのですが、そこは勤務先から車で1時間30分はかかる場所だったのです。
諸事情により、一ヶ月以内には引っ越さなくてはならなくなり、勤務先へその旨伝えると、
訪問介護員が一人病欠中でもあったため「ヘルパーが足りなくなってしまうから、困る」と言われてしまったのです。

困ると言われてしまっても、家庭の事情であるため、話し合いを重ね、退職の申し出から一ヶ月は勤務し、退職することになりました。
ですが、その職場は先述したように私にとってとても働きやすい職場であったことと、
訪問先の利用者様にご迷惑がかかることが心苦しく、後ろ髪を引かれる思いでした。
なんとか引き継ぎもでき、円満に退職することができましたが、とても良い職場できたので、その時の経験が今もいきていると思っています。

https://www.goodolddogproject.com